いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

デルタで貯めるエールフランスのマイレージ【加算率が変わりました】

フランスに行くなら便利な直行便。機上からちょっとフランスモードが高まるエールフランスがお気に入りですが、行けるのはせいぜい年に一度。Flying Blueで貯めていたマイルが前回の出産時に期限切れしてしまったのを機にデルタ航空のスカイマイルで、さらに効率よく貯めるためゴールドメダリオンの資格を得て貯めることにしました。(詳しくは→Flying Blueをやめた理由デルタのゴールドメダリオンを選んだ理由 )

ところで、今年、2015年1月1日以降デルタスカイマイルの加算の方法が変わりました。

デルタ航空便名、デルタ航空発券のフライトの場合、飛行距離ではなく、支払った航空券に基づいてマイルが加算されます。→詳しくはこちらの公式ホームページへ


でも、気になるのはエールフランスに搭乗した場合の加算率。以前ブログで書いたように、2013年の時点では、Flying Blueだと3000ちょっとだったマイルがデルタのスカイマイルでは20000マイル以上貯められていたのですが(ゴールドメダリオンの場合)…

エールフランスでのマイル換算表

デルタ航空のホームページで発表されていた新しい加算率は、残念ながら以前より厳しいものとなりました…2013年に旅行した時の航空券の種類はT、N、Hだったので、それらは新制度のもとでは50%の加算率になってしまいます…これではFlying Blueで貯めるのとそう変わらない加算率になってしまいます。

でも、スカイマイルのゴールドメダリオンで貯める利点はメダリオンボーナスマイルがもらえるところ。再び残念なことに、この加算率も低くなってしまいましたが(「ゴールド」の場合ベースマイレージの60%)それでも加算されないよりはずっといいですよね。辛うじてスカイマイルのゴールドメダリオン資格を得てエールフランスのマイレージを貯める、に軍配が上がり続けているようです。










スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。