いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

今週のアンサンブル(11月24日~)

今週もちょっとハイペースで、水曜日から金曜日まで3日連続でレッスンです。

Yuko先生とのレッスンでは、初めて「シャドーイング」なるものに挑戦しました。「シャドーイングしてみましょうか」と言われ「はい」と答えたものの、声に出さず黙読することだと思っていたくらい縁のないものでしたが… 

「シャドーイング」とは、聞こえてきたフランス語をすぐに後追いして発音すること。「リピーティング」が一通り聞いた後、最初から繰り返してみるのと違い「シャドーイング」は数秒遅れて聞こえてくるフランス語に被るようにして声をだしていきます。この「シャドーイング」、フランス語のリズムやイントネーション、発音を練習するのにもってこいだと思いました!

これまで初見のフランス語の文章を声に出して読んでみると、単語を一つずつ発音するような感じとなり、リエゾンをし忘れることはもちろん、知らない単語に出くわすとそこで足止めされることが多々ありました。単語を一つ一つ読み上げているから意味は頭に入ってくるか、と言われるとそうでもありません… ところが、シャドーイングはお手本にとなるフランス語の音声に合わせてリズム良く文章を読み上げていくので、知らない単語が出てきても、前後から意味を推測しやすいと思いました。そしてなにより聞こえてきたものをすぐに声に出して繰り返していくので、イントネーションや発音の練習にもってこいなのです!

「リピーティング」は記憶力も関係してくるし、文法を正しく理解している必要があるなど、リピートする文章の長さや文法的難易度によってはさらに高度な練習方法かもしれませんが、最近の息子ちゃんから「シャドーイング」はより人間が言葉を覚えていく自然の過程に似ているのでは、と思いました。

2歳3か月となった息子ちゃん。2、3週間前から急におしゃべりが上達してきました。といっても、まだまだ2、3語組み合わせておしゃべりするレベルですが、テレビから聞こえてくる音や先生やお友達、パパやママがしゃべった言葉をオウム返ししてくるようになりました。お気に入りのDVDを見ている息子ちゃんを観察していると、大好きなキャラクターがしゃべっていることを少しずつですが口に出している様子。キャラクターが一通りしゃべり終わって、それをはじめから繰り返すのなら、「リピーティング」。でもしゃべってるさなか、もごもごと口を動かしているので、まさに「シャドーイング」なのです!まだ2歳児。なので、どこまで口に出している内容を理解しているかは不確かですが、人間はこうやって言葉を覚えていくんだと実感しました。これまで、耳を慣らすため、と聞き流していたFrance CultureやRFIですが、少しでもフランス語らしくしゃべれるよう、これからは「シャドーイング」をしながら聞いていきたいです。

スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。