いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

今週のアンサンブル(11月17日~)

早いもので、今週末は妹ちゃんのお宮参り。あっという間の一か月でした。

妹ちゃん出産の8日後から再開したアンサンブル アン フランセでのフランス語レッスン。体調も良く、息子ちゃんの経験もあるので少々余裕を持っての子育て開始です!

今週は火曜日から金曜日まで4日間連続して4人の先生方のレッスンを受講。これで妊娠中からお世話になっていた先生方ほぼ全員に妹ちゃん出産の報告ができました!まだ寝ている時間のほうが長い新生児。でも、2回連続でFrançoise先生のレッスンが始まったとたん起きだし抱っこしながら一緒にレッスン。(一度はベッドから落ちて起きてしまった息子ちゃんまで一緒でした…)こんな状態でもレッスンができるところ、大変助かっています。(その他のお気に入りポイントは過去ブログを)

さて、11月16日の仏検準1級受験をどうするか悩んでいましたが(過去ブログ)、結局今回は申込みしませんでした。といっても、今の目標は変わらずDELF B2と仏検準1級。両方とも育児休暇が終わりに近づく一年後の来年秋の受験を目指します。 「ここまで頑張ったんだ」、というこれらの資格もほしいけど、やっぱり大切なのは自信を持ってしゃべれるようになること!アンサンブルでは複数の先生方にお世話になっていますが、それぞれ主に見てもらうところが異なるので今週のように連日レッスンを入れても詰め込みすぎといった感がなく、良い気分転換になっています。

今週は宿題も種類が豊富♪ 「DELF B2の問題、やってみましょうか」と今後のレッスンの方向性を確認したYuko先生からはCompréhension Écriteの課題を、Françoise先生からは一緒に進めているテキストのダイアログの暗記を、鼻母音の発音レッスンをしたArnaud先生からは鼻母音が多用されている詩を渡され目を通すことに。日本の詩も「韻を踏む」ことで、リズムを持たせたりしていますがフランス語の詩における鼻母音も同じような役割なのでしょうか。レッスンを通して少しフランス文化も垣間見たいです。


スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。