いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

アンスティテュ クラランスのファンになる

先日、3度目となるアンスティテュ  クラランス でのマタニティ トリートメントを受けてきました。

今回も前回同様妊娠後期の心身の緊張を和らげるボディトリートメントです。これまでで一番眠ってしまった時間が長かったです…それだけリラックスできて、安心して身を任せていた、ということでしょう。

さて、今回は入室後「今回から少し変更点がございまして…」と少々説明がありました。

なんでも世界中にあるアンスティテュクラランスで、統一したサービスを提供していくためトリートメントによっては内容が少し変わったとのこと。(ほかにも、制服が全世界で統一された、ということです。以前はワンピースタイプだったのですが、パンツスタイルになっていました) 私が受けたマタニティ トリートメントでは、フットバス時に使用されるのがスクラブから専用オイルに代わっていました。

アンスティテュ クラランスでのサービスは統一していっているのに、スキンケアをはじめとしたクラランスの商品は各地域のニーズに合わせ特化していっている、というのがちょっと興味深かったです。(以前は、日本の薬事法で引っかかってしまう商品は輸入販売していなかったそうですが、今は少し内容を変えたり、日本市場に特化した日本オリジナルの製品もあるようです)

さて、今回も起きている時間にはいろんなことを教わってきました。


クラランス ストレッチマークボディクリーム 200ml/6.8ozクラランス ストレッチマークボディクリーム 200ml/6.8oz
()
クラランス

商品詳細を見る
前回の妊娠に引き続き、今回もお世話になっています。ちゃんと塗り塗りしますから、今回も妊娠線が出ませんように…


クラランス スムージングボディスクラブ 200mlクラランス スムージングボディスクラブ 200ml
()
クラランス

商品詳細を見る
妊娠中も安心して使えるクラランスのボディスクラブです。少々お手入れを怠けてしまっていましたが、アンスティテュクラランスでマタニティーマッサージを受けた際、ボディスクラブは妊娠線の予防やセルライトの予防になると教わりました。古くなった角質を取り除き、その後のクリームの浸透をよくしてくれる必需品です。


[クラランス] レッグ リフレッシング ローション 125ml/4.2oz[クラランス] レッグ リフレッシング ローション 125ml/4.2oz
()
クラランス

商品詳細を見る
足がだるいな、という時に気軽に使えるレッグローションです。妊娠に伴うむくみ対策として使用し始めましたが、使いやすさが魅力です。(薄手のストッキングなら、その上からでも使えるそうです!)つけてしばらくすると、ヒヤッとしてきます。特別なマッサージは特に不要とのことですが、体重増加中の妊婦さんには足裏全体を両手でくぼみを作るように押しながらマッサージするのがいいそうです。転ばないように、片足ずつしましょう♪


クラランス CLARINS トータルリフト マンスール EX 400mL [並行輸入品]クラランス CLARINS トータルリフト マンスール EX 400mL [並行輸入品]
()
クラランス

商品詳細を見る
妊娠中はむくみ防止&足すっきり効果を期待でき、産後は引き締め効果を期待できるという優れものです。効果的なマッサージの仕方が少々ダイナミックなので(足首、ふくらはぎ、太ももから腰まで一気に持ち上げるような感じ)お腹のふくらみが目立ってきてからはストレッチマーク ボディークリーム+ボディ オイル トニックで肌の柔軟性をだし妊娠線予防重視に切り替えましたが、産後の引き締めまで使えるすぐれた逸品です。


クラランス ボディ オイル トニック 100mlクラランス ボディ オイル トニック 100ml
()
クラランス

商品詳細を見る
入浴後になじませ、その後冷水シャワーで引き締める、という使い方だけでなく、ストレッチマーク ボディ クリームと混ぜておなかや、胸、太ももからおしりといった妊娠線ができやすいところに付けると効果的、ということをマタニティーマッサージで教わりました。洗い流さなくてもいいボディオイル。使い心地もしっとり、で、べたべたはしません。優秀です!


単にクラランスの商品やマッサージが気持ちよかったから、という理由だけでなく、彼らの理念にもすごく惹かれました。
>>クラランスの理念
少々お高くても、それがフェアトレードに由来していたり、有機栽培に由来していたり、また収益がチャリティー活動にも使われているとなると間接的にではありますがそれは自分がクラランスを選ぶことによって貢献している、ともいえる行為。自分の気持ちいいが、誰かほかの人のためにもなる。そんな選択をこれからもしていきたいです。

ところで、世界のアンスティテュ クラランスを見ていておそらくパリのLe Royal Monceau (ル・ロワイヤル・モンソー)にあるものが一番ラグジュアリー度が高いのでは、と思いました。ホテルとしてはパリで一番長い28メートルのプールもあるというこの施設。宝くじにでも当たったら、でないとちょっと難しいかな…

>> 「いいえ、いつでも行けるわよ!」という方はぜひこちらから飛行機の予約を♪


>>マイレージで特典旅行して、飛行機代を浮かせてその分で泊まろう!という方はこちらに!エールフランス・KLMオランダ航空のマイルを効率よく貯めるコツです!
スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。