いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

『75人のパリジェンヌ』ボードワン写真展

「パリジェンヌ」。この言葉の醸し出すイメージは、他のどの地域に住む女性を表す言葉より複雑なような気がします。

パリジェンヌ 」と聞いて私の頭に浮かんでくるのは…

キュートでコケティッシュ
小悪魔的
真っ赤な口紅もしくは真っ赤なマニキュア
シンプルだけどこなれた着こなし
凛としている
颯爽と早足で歩いている
サングラス
日焼けを気にせずカフェのテラス席で太陽を浴びる
ハイヒール
コンバースのスニーカー
ちょっと不機嫌そう
公園でピクニック
日曜大工にハマっている…

思いつくままに書き出して見ても、バラバラ。中には矛盾していそうな組み合わせまであります。
それだけ一言で「パリジェンヌ」を定義するのは難しい、ということでしょうか。でも、この言葉には惹かれてやまない魅力がたくさん詰め込まれています。

と、そんなパリジェンヌ75人を撮った写真展が9月18日から10月12日までアンスティチュ・フランセ東京で開かれます。私がイメージしたようなパリジェンヌは存在するのか、そのイメージ自体が幾つものパリジェンヌを融合させて出来上がった空想上のものなのか、まだ開催まで数週間ありますが、今から楽しみです!

【追記】

アンスティチュ・フランセ東京、レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」そして「ハッセルブラッド・ジャパン・ギャラリー」の3か所で開催れているこの『75人のパリジェンヌ』展。3か所に飾られた写真を合計しないと75人にはならないそうです!!コンプリート目指して、ギャラリーめぐりしましょう♪余裕があれば、おいしいお食事も一緒に!


>> 写真展の前に、まずは自分なりの「パリジェンヌ」を定義したくなったら… パリまでひとっ飛びしましょう!



>> 効率よくエールフランス・KLMオランダ航空のマイレージを貯めるヒントはこちらに♪

スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。