いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

『グレートデイズ!』2014年 フランス【試写会】

今月29日から公開されるグレート デイズ!の試写会に行ってきました。

パパに息子ちゃんのお迎えをお願いして、適度に息抜きしています。

今年のフランス映画祭のオープニングを飾ったこの『グレートデイズ!』
息子との接し方が分からない不器用な父親と反抗期に入った障害を持つ息子が、父親の失業を機に向き合わざるを得なくなり、共にトライアスロンの最高峰、アイアンマンレースを目指す、という物語。

見る前は、障害を乗り越えアイアンマンレースに挑戦する息子の物語かな、と「息子が中心」と思い込んでいたのですが、私は父親の姿に心打たれました。現役を退いて何十年も経ち、1人でも無理なのに、2人でなんて問題外と全く相手にしない父親に対して、同じく障害を持つ息子の学友たちが父親を学校に呼び出して投げかけた言葉、その後の父親の変化、感動的でした。そしてなんといっても、アヌシー地方の美しい風景。心が洗われていきます。無謀とも思える挑戦を通し、家族のそれぞれが自信を持ち、自立していき、相手を信頼して絆を強めて行く。前向きな気持ちにさせてくれる作品です。

さて、肝心のフランス語聞き取り。短い文や簡単なセリフなら聞き取れますが、日本語訳を見ると、ああ、そうなるのね、とフランス語そのままで理解しようとする脳と状況や設定に合わせて適切に訳された日本語字幕を追う視覚の誤差が何度となくありました。どちらで理解する方がフランス語力向上につながっていくのかな…まだまだ模索中です。

【映画基礎情報】

『グレート デイズ!-夢に挑んだ父と子-』
(原題: De toutes nos force)
2014年 フランス
監督:ニルス・タヴェルニエ
出演:ジャック・ガンブラン、アレクサンドラ・ラミー、ファビアン・エロー




スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。