いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

「勝手にしやがれ」【行ってきました】

フィガロジャポンPresents「勝手にしやがれ」上映会に行ってきました。

Bunkamura ル・シネマのロビーではこれまでル・シネマで上映され、フィガロジャポンでも出演者のインタビューが取り上げられたものの特集や、フィガロジャポン4月号で紹介されていたフランス映画特集のパネルが展示してありました。

フィガロ2フィガロ1

これは産休中にフランス映画三昧するぞ!と、意気込んでいる私には参考になるものでした♫

さて、ゴダール監督の「勝手にしやがれ」。
1950年の作品だから、今から64年前!! でも、古さをまったく感じさせない、今の時代に見てもオシャレだなと思える作品でした。上映前の村上香住子さんと山内マリコさんのトークショーの中で、この作品はジーン・セバーグが主演した「悲しみよこんにちは」の続編とも捉えられる作品、と話されていたので、今すごくその映画が気になっています!(日本語訳ですが小説は読んだことあります)

そうそう、今回のイベントでフィガロジャポンさんからノベルティーグッズをいただきました!

フィガロ4フィガロ3

クシュクシュ感がかわいい、洗面用具などを入れるのにぴったりな旅行用ポーチ。ちゃんとフックも付いているから引っ掛けやすいし、リボンの上に小さく黄色で bon voyage! と書いてあるのもポイント。何よりこのクシュクシュしているおかげで畳んだ時の厚みがまったくないのが気に入りました。次の旅行時(出産の為の入院かも…)に持って行きたいです♫ フィガロジャポンさん、素敵な上映会をありがとうございました!



勝手にしやがれ [DVD]勝手にしやがれ [DVD]
(2012/04/13)
ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ 他

商品詳細を見る
1950年の作品ですが、ジーン・セバーグのエイジレスなオシャレは今見ても新鮮です!ロケ主体の映画で、セットで撮られることが当たり前だった当時としては斬新だったそう。映画の歴史の一幕を飾った一作です。




悲しみよこんにちは [DVD]悲しみよこんにちは [DVD]
(2011/02/23)
ジーン・セバーグ、デボラ・カー 他

商品詳細を見る
まだ見ていませんが、ジーン・セバーグ主演の「勝手にしやがれ」はこの「悲しみよこんにちは」の続編的存在と聞き、是非見たい!と思っている作品です。
スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。