いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

ピカルディー地方:アミアンをゆく~2日目~

3泊6日のフランス弾丸旅行。一日目は時差調整のお昼寝だけで終わりましたが、その甲斐あってか2日目は早起き。軽く朝食もとり7時13分発の電車に乗ることができました。

向かった先はとっておきFRANCE INFOSでも紹介されていたソンム湾鉄道。>>とっておきFRANCE INFOSの記事はこちらから
Noyelles-sur-Merで待ち時間が3時間ほどあるので、ここでゆっくり朝食を取るつもりでいたのですが…



駅前、何もありません…



街を探しに少し歩いてみましたが早々に断念。「バカンスなんだから急がない。のんびりしよう」と切り替えのんびりと平穏な時間を過ごしました。

電車の到着時間が近づいてくると徐々に人も増えてきました。

アミアン2日目1

犬を見かけると「あ!わんちゃんだ!」と、タッタッタと駆け寄っていく息子ちゃん。いつもは駆け寄るものの、犬に免疫がないため触ることはできないのですが、「あ、触っている!!」

息子ちゃんの勇気のおかげで(?)私もお母さんやお兄ちゃんとお話しすることができました。

アミアン2日目2

こちらのご家族が向かったのはCayeux-sur-Merという海辺の街。私たちが向かったのは反対方向のLe Crotoyというソンム湾に面した街です。

アミアン2日目3

ソンム湾は満潮時と干潮時の潮位の差が激しく、私たちが滞在している間にもどんどん満ちてきた、と思ったらそれ以上のスピードで潮が引いていったりと湾を眺めているだけでも楽しかったです。

息子ちゃんは…

アミアン2日目10

大好きな砂遊びを思う存分楽しんでいました。彼曰く、砂がとても気持ちが良かったそうです。

と、ここで緊急事態発生!

旦那さんが頭が痛いよ…と弱っています。駅からここまで湾に沿って歩いてきたけど、途中で薬局は見かけませんでした… 旦那さんのために薬局を探し出し頭痛薬を買う、ミッション開始です!

砂浜を抜けると、セキュリティーチームの事務所が。薬局の場所を訪ね、その通りに進みますが…



この時間は昼休みで閉まっている、とまでは情報をくれませんでした。



14時になれば開くけど、まだ45分ほどあります。それまで戻らなかったら心配するだろうしな、と思い一度家族のもとへ。薬局が再開する時間になり、再び足を運びます。

今回の旅に電子辞書は持っていきましたが、この日は海辺に行くということもあり持ってきていませんでした。ちゃん症状が伝えられてお薬買ってこれるかな、と心配だったのですが…

4月から急に忙しくなりアンサンブル アン フランセでのフランス語学習もままならなくなってきて始めたフランス語ビデオ講座の成果が発揮されました。ここで旅行会話と文法を時間のできた時に学んでいたのですが、この旅行会話シリーズの最後の最後で薬局での会話が出てきていたんです。はっきりとすべてを暗記していたわけではないし、薬剤師さんの質問も会話例文通りではないのですが、それでも頭の片隅に記憶されていたのか症状の伝え方、薬剤師さんの言う薬の飲み方(一回何錠、何時間おきに、一日何回まで)はちゃんと理解できて無事に薬を買うことができました。

アミアン2日目11

バファリンでも「大きくて飲みにくい」とこぼす旦那さん。この薬はかなりつらかったみたいです。

アミアン2日目4

Le Crotoyでも積極的にワンちゃんに近寄っていく息子ちゃん。どの方も立ち止まって相手をしてくださいました。

アミアン2日目6

息子ちゃんの中で蒸気機関車はすべて「トーマス」。モクモクと煙を上げるその姿を喜んでくれて、来てよかった、と心から思いました。

ちなみに、TERが止まるNoyelles-sur-Merの駅前には感じの良いカフェがありますが、

アミアン2日目8アミアン2日目9

平日お店が開くのは午後2時から。帰りはここで一息ついてからアミアンへの岐路につきました。

アミアン2日目7
テラス席からだと電車の様子もしっかり見れます!

さて、今日のフランス語は…

*TERの中で、隣の席の人たちにNoyellesとNoyelles-sur-Merは同じ駅かどうか聞いた。

*Noyellesの駅で、駅員さんに両替をお願いしがてら、ここで3時間待っている理由を話す

*電車待ちの時に、犬を連れたご家族と世間話。

*セキュリティーのお兄さんに薬局の場所を聞く。

*薬局での薬購入

改めて、意識しないとフランに旅行に行っていてもしゃべる機会ってないんだな、と実感。せっかく「フランスにいる」という機会を有効に使いたい。そう強く思った一日でした。









スポンサーサイト





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。