FC2ブログ

いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

『75人のパリジェンヌ』展を巡る

以前ブログでも書いた、都内3か所で同時開催されている『75人のパリジェンヌ』展を巡ってきました。

第6回美食の祭典期間中にアンスティチュ・フランセ東京を訪れた際、展示されている数が75ではなかったので聞いたところ、3か所合計で75です、と言われたことがきっかけとなった今日の『75人のパリジェンヌ』展を巡るお出かけ。

結論から言いますと…

アンスティチュ・フランセ東京 29点
ハッセルブラッド・ジャパン・ギャラリー 31点
レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」 12点

合計すると、72点!!うち、ハッセルブラッド・ジャパン・ギャラリーと「KEISUKE MATSUSHIMA」 で同じ写真が1点あったので(緑色のTシャツを着て、黒いベールのついた帽子をかぶり、スペースシャトルの隣に立っているパリジェンヌの写真がかぶっていました)私が見たのは『71人のパリジェンヌ』となりました。どこで見落としたのか、それとも少なくとも1枚重複している写真があるからそもそも75枚なかったのか…と思っていたら、この『75人のパリジェンヌ』展が現在少なくとも札幌のアリアンス・フランセーズでも開催されていることが判明。何部か同じ写真があるのなら、間違ってそっちに入っちゃった可能性もあるでしょう。だってフランスですもの♪と、一人妙に納得してしまいました。

と、残念ながら75人コンプリートはできませんでしたが、とても楽しい写真展でした。パリジェンヌといえば、個性的な魅力がよく取り上げられますが、街で見かける彼女たちの個性がギュッと凝縮された部屋は見ていて楽しいものばかりでした。ほとんどの部屋が色で溢れ、物で溢れ、彼女たちの好きなものが詰め込まれ、彼女たちにとって楽しく快適で居心地の良い空間であることが伝わってきます。同じような部屋は一つもありません。

残念ながらハッセルブラッド・ジャパン・ギャラリーに展示されていた写真にはモデルの名前や何区のどの地域に住んでいる人かの表示はありませんでしたが、ほか2か所にはそういった表示もあり、「あ、分かる、これって16区っぽい!」とか思いながら一つ一つの写真を見ました。パリに詳しい人なら、区だけではなく、特定の地域名でさらに細かく分析できて楽しいかと思います。

そうそう、レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」で展示されている写真を見に行くなら、ぜひランチもここで。もちろん写真を見るだけでも大丈夫ですが、お食事もとてもおいしかったです。秋の味覚にジビエとちょっと贅沢な時間を過ごしてきました。外に広がる緑がとてもきれいで、それをまるで絵画のように見せる大きな窓のある、落ち着いた空間でした。ここに展示されている12点のうち4点は個室に飾られているので、個室が使用されているときは残念ながら見れないそう。今日は12点すべて見られたのでよかったです♪


75 parisiennes75 parisiennes
(2012/10)
Baudouin

商品詳細を見る
現在開催中の『75人のパリジェンヌ』展の写真集。個性的なパリジェンヌの部屋は見ていて楽しいものばかり!細かいところを見ていけば見ていくほど、はまります!!

スポンサーサイト




このページのトップへ

「アルザスの可愛い村々とワイン街道セミナー」@日本橋三越本店

アルザス地方観光局と在日フランス観光開発機構の主催で10月8日(水曜日)と10日(金曜日)に、「アルザスの可愛い村々とワイン街道セミナー」と題したイベントが日本橋三越本店7階のHajimarino Cafeで開催されます。

ワインエキスパートの資格を持つスタッフによる説明に3種類のアルザスワインの試飲付き♪先着20名様と限定ではありますが、アルザス地方のクリスマスオーナメントもプレゼントされるようです。

参加費は不要ですが、03-3274-8843(受付時間:10:00-19:00)で申し込みが必要とのこと。アルザスといえば、リースリングがすぐに浮かんできますがどんなワインが紹介されるのでしょうか。ご興味がある方は是非どうぞ!

【イベント情報】
「アルザスの可愛い村々とワイン街道セミナー」
場所: 日本橋三越本店 7階 Hajimarino Cafe
日時: 10/8 (水) 16:30-17:10
     10/10 (金) 17:00-17:40





このページのトップへ

第6回 美食の祭典@アンスティチュ・フランセ東京

またしても、飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で素敵なイベントが開催されます♪

食欲の秋にふさわしいそのイベントの名は美食の祭典。「美食」といってもいろいろあるでしょうが、ここではもちろん「フランス料理」。9月27日(土曜)、28日(日曜)一日中やっているイベントです。

そのイベントの充実ぶりがすごいです。

マルシェが開催さるほか、映画あり、 ワイン セミナーに チーズ セミナーあり、子供向けのアトリエ・アートがあり、朗読会があり、ライブパフォーマンスがあり、コルドン・ブルーのお菓子・料理教室あり、と、「美食」とイベント名にはありますが、まさに「食」を超えた、五感を通してフランスのL'art de vivreに触れる機会が満載です!しかも、コルドン・ブルーのお菓子・料理教室以外は予約もいらないという手軽さ!(事前予約分はすでに満席となっていますが、当日受け付け分もあるようです)

期間中は、もう予定にも書きこんだボードワン写真展およびレセプションパーティーもあるので、レセプションパーティーに間に合うようにだけでなく、朝から一日フランス気分を満喫できそうなイベントにすでに心躍っています♪

残念ながら、昨日が締切日でしたがボードワンさんにポートレートを取ってもらうチャンスも、運が良ければあったかも。(昨夜遅くに気がついて、ありあわせの写真で応募してみたけど、お題に沿っていなかったから無理かな…)

天気が良ければ、家族みんなで出かけたいです!







このページのトップへ

『ジャック・ドゥミ 映画/音楽の魅惑』 東京国立近代美術館フィルムセンター

8月28(木)日から12月14日(日)まで、東京国立近代美術館フィルムセンター展示室にて『ジャック・ドゥミ 映画/音楽の魅惑』が開催されています。

ジャック・ドゥミ、ジャック・ドゥミ…どこかで聞いたことがあるけど誰だっけ、とまだまだフランス映画初心者の私にはすぐにピンとこなかったのですが、彼の監督作品を見て「ああ!!!」と思わず声を上げてしまいました。


シェルブールの雨傘 [Blu-ray]シェルブールの雨傘 [Blu-ray]
(2011/07/02)
カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ 他

商品詳細を見る


ロシュフォールの恋人たち デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]ロシュフォールの恋人たち デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]
(2009/07/17)
カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック 他

商品詳細を見る


はい、これらの作品を監督された方です。昨日登録した2枚が、ただいま配送中なので、それが見終わって返送されてから届くことになるようです。

『ジャック・ドゥミ 映画/音楽の魅惑』の展覧会期間中の9月27日(土曜)には、フランスでも未公開(!)という日仏合作の池田理恵子原作の『ベルサイユのばら』の上映もあります。ベルばら世代ではありませんが、幼稚園の時のお弁当箱がベルばらのイラストの入ったアルミのお弁当箱でした。まだ実家に残っているかしら…

他にもトークイベントや、東京国立近代美術館フィルムセンターを飛び出てアンスティチュ・フランセ東京でも「ジャック・ドゥミ、映画の夢」と題した上映企画が予定されています。この機会に独創的なジャック・ドゥミの世界を堪能してみてはいかがでしょうか?

余談ですが、奥様で同じく映画監督をされているアニエス・ヴァルダさんを以前BS日テレの『パリで逢いましょう』という番組で見た時の印象が鮮明に残っています。あの番組、大好きでした。また新シリーズで再開してほしいです!!(もちろん中谷美紀さんのナレーションで!)


>> 映画の舞台となったノルマンデー地方の港町、シェルブールに足を運んでみるのも、フランス南西部の海辺の街、ロシュフォールまで太陽を求めていくのも楽しそう♪ 







このページのトップへ

ボードワン写真展 レセプション・パーティー 9月27日 17:00~

以前紹介した気になるイベントボードワン写真展『75人のパリジェンヌ』のイベント内容がさらにパワーアップしました!!

今月18日から飯田橋にあるアンスティチュ・フランセ東京で写真展は開催されますが、期間中の9月27日(土曜日)、17:00からアンスティチュ・フランセ東京のカフェスペースでボードワンさんを迎えてのレセプション・パーティーが開かれます。撮影秘話など、第一線で活躍されているフォトグラファーから直接、しかもフランス語で(!)話を聞くことができるチャンス。さっき手帳にも予定書き込みました!!楽しみです♪

他にも、都内2か所でボードワン写真展が同時開催されるそうです。カメラ、やっぱり買おうかな…9月といえばもう秋、秋といえば、芸術の秋だし… 


>> 自分の目でパリジェンヌを見たくなったら、エールフランスでひとっ飛びしましょう!






このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。