いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

久しぶりのエールフランス♪

4月からの慌しい日々も一段落し、8月からの仕事復帰を前に3泊6日という弾丸スケジュールで家族旅行でフランスに行ってきました。息子と妹ちゃんがいるので、一人で二人の面倒は見れません…というわけで、日本のサラリーマンである旦那さんも一緒。それでこんな日程となりました。

ところで、デルタのスカイマイルでエールフランスのマイレージを貯めていますが、今回が加算率が変わってからの初フライト。(過去ブログ

今回のフライトは

羽田 > CDG チケットクラス T
CDG > 成田 チケットクラス L

で、エールフランスを利用した場合のマイル加算ではそれぞれ50%。これにメダリオンボーナスマイルが加わり(ゴールドだと60%)、今回の旅行では9677マイル獲得となりました。昨年までなら同じフライトで24000マイルほどたまっていた計算なので、大幅ダウンですがこれでもFlying BlueのIvoryやSilverよりは加算されている、と納得するようにしました。 

そして今回も大変お世話になったのがSky Priorityの特典。帰りのCDG空港はバカンスに出かける人や観光客でごった返していました。そんな中Sky Priorityで優先通路に行けたり(しかも小さい子供連れだったこともありさらに優先していただきました。ありがとうございます)、荷物にも黄色い優先タグをつけつけてくれたので成田でもすぐに出てきました。今回も残念ながらエールフランスラウンジのクラランスエステは利用できませんでしたが、これらの優先だけでも子連れ旅行の身には大助かりです。

ところで、デルタのゴールドメダリオンを取得してフランスに渡ったのは2回だけですが、日ごろのお買い物の成果か気が付くと特典旅行でフランスへ行けるだけのマイルがたまっていました。息子ちゃんと妹ちゃんがもう少し大きくなれば旦那さんがいなくてもゆっくりフランス旅行できるはず。その日に向けて3人分のマイルをせっせとためていきたいです。





スポンサーサイト




このページのトップへ

デルタで貯めるエールフランスのマイレージ【加算率が変わりました】

フランスに行くなら便利な直行便。機上からちょっとフランスモードが高まるエールフランスがお気に入りですが、行けるのはせいぜい年に一度。Flying Blueで貯めていたマイルが前回の出産時に期限切れしてしまったのを機にデルタ航空のスカイマイルで、さらに効率よく貯めるためゴールドメダリオンの資格を得て貯めることにしました。(詳しくは→Flying Blueをやめた理由デルタのゴールドメダリオンを選んだ理由 )

ところで、今年、2015年1月1日以降デルタスカイマイルの加算の方法が変わりました。

デルタ航空便名、デルタ航空発券のフライトの場合、飛行距離ではなく、支払った航空券に基づいてマイルが加算されます。→詳しくはこちらの公式ホームページへ


でも、気になるのはエールフランスに搭乗した場合の加算率。以前ブログで書いたように、2013年の時点では、Flying Blueだと3000ちょっとだったマイルがデルタのスカイマイルでは20000マイル以上貯められていたのですが(ゴールドメダリオンの場合)…

エールフランスでのマイル換算表

デルタ航空のホームページで発表されていた新しい加算率は、残念ながら以前より厳しいものとなりました…2013年に旅行した時の航空券の種類はT、N、Hだったので、それらは新制度のもとでは50%の加算率になってしまいます…これではFlying Blueで貯めるのとそう変わらない加算率になってしまいます。

でも、スカイマイルのゴールドメダリオンで貯める利点はメダリオンボーナスマイルがもらえるところ。再び残念なことに、この加算率も低くなってしまいましたが(「ゴールド」の場合ベースマイレージの60%)それでも加算されないよりはずっといいですよね。辛うじてスカイマイルのゴールドメダリオン資格を得てエールフランスのマイレージを貯める、に軍配が上がり続けているようです。














このページのトップへ

フランス旅行に便利なチケットの購入&マイレージの貯め方 【更新情報あり】

先日見た映画『シェルブールの雨傘』に出てきた、カトリーヌ・ドヌーヴ演じるジュヌヴィエーヴと結婚する宝石商ローラン・カサールが同じくジャック・ドゥミ作品の『ローラ』に出てきた人物のその後の姿だった!というのがあまりにも衝撃で、『ローラ』の舞台となり、ジャック・ドゥミ監督の出身地であるロワール地方のナントに無性に行きたくなっています。ここナントには、同じく一目見た時からいつかは自分の目で見たい!と思っていたLes Machines de l'île マシーン・ド・リルの象もいて、ああ、これはもう運命!と、妊娠9か月目に入り、エールフランスのサイトでも「ご旅行は控えましょう」の期間に突入したにもかかわらず、あちこちに想像の翼を広げています。

とりあえず、まずは初訪問となるナントへの行き方をチェックすることに。以前、フランスに行くなら~エアライン~でもご紹介したとおり、KLMのサイトから出発地羽田、到着地Nantesと入れて検索。



おお!!!ナントに空港あるのかな?と思いながら入力したら、なんとTGVの駅名が選択肢に出てきました!どうやら、TGVが止まるような主要都市なら、空港から一番乗り継ぎのいいTGVも調べて一緒にチケット購入ができるようです。しかも、「乗り継ぎ時間もう少し余裕を見たいんだけど…」という希望も、第2、第3候補まで出してくれて比較も簡単です。これ、素晴らしく便利です!!

ちなみに、試にエールフランスのサイトで検索してみましたが、こちらは到着地にNantesと入力しても該当なし… KLMのサイトなら、周遊を選べば、行はナントまで、帰りはパリから、というチケット購入も可能なので便利です。これでまた、私の中でKLMサイトからのチケット購入が一歩リードしました。

さて、マイレージで特典旅行に近づく!でも紹介したように、アメックスのゴールドメダリオンで効率よくマイレージを貯めています。ナントまでTGV込のチケットを購入しても、対象となるのはあくまでエールフランスに乗る羽田ーシャルルドゴール間だけですが、こちらのフライング・ブルーのマイレージチェックのページでチケットの種類によってのマイル数を調べられることを発見。チケットの種類によっては25%の加算だけになっちゃうんですよね… お得なボーナスマイルが付与されるデルタ航空のゴールドメダリオンの加算方法も2015年1月1日以降の出発に関しては、マイレージで特典旅行に近づく!でお知らせした内容から変更になるみたいです。>>デルタ航空の2015年1月1日以降のマイルの獲得方法はこちらに。

確かに、同じチケットランクでも、より多くお金を支払ってくれた人に多くの特典を、という気持ちはわかりますが…まだこの決定はデルタ航空のフライトだけで、エールフランスなどを含むパートナーフライトについては今後のマイレージ加算方法について2014年末までにアナウンスがあるようですが、「ああ、ゴールドメダリオンでよかった♪」と引き続き思える加算内容ではあってほしいです。










このページのトップへ

マイレージで特典旅行に近づく!

フランスに行くなら直行便!というわけで、機内から一足早くフランス気分に浸れるエールフランスがお気に入りですが、エールフランスのマイレージプログラム、Flying Blueでマイルを貯めるのはやめました。 → 理由についてはこちらを

代わりに選んだのは、アメックスのデルタスカイマイルのゴールドカード。フランスは大好きだけど、行けるのはせいぜい1年に一度 + 長年アメックスを利用してきてそのよさも理解 していたので、アメックスのグリーンカードを解約してこちらに乗り換えました。

昨年5-6月に、当時9か月の息子と二人でフランス旅行をしてきましたが、アメックスのデルタスカイマイルのゴールドカードについてくる「ゴールドメダリオン」という資格の特典は本当に良かったです。

数々の特典がありますが、特に「ありがとう!」なのが…

* 優先チェックイン   > エコノミークラスの利用でしたが、Sky Priorityの資格取得者として優先チェックインを受けれます。

* 優先荷物取扱い > 自分の荷物に(中身は子供の粉ミルクだったりおむつだったりしたのですが)Priorityタグがつけられる日が来るとは!荷物運のない私としては、まだ大勢の人が自分の荷物はまだかと待っている中、ベルトの上をすでにまわっている自分のスーツケースを見つけた時は感動モノでした!ちなみに、ベビーカーの受け渡し方法は同じエアラインでも空港によって少々対応が違います。

*ラウンジの利用 > 昨年訪れた時期はシャルルドゴール空港がストライキをしていました… 日本行の便もキャンセルされたものがあり、搭乗口付近は空席はなく、人人人・・・ この時ほど「ラウンジ利用できて幸せ♪」と実感したことはありません。広い空間に、種類豊富な軽食、WiFi完備。赤ちゃん連れだったので、ちょっとしたおもちゃをいただいたり。トイレでのおむつ替えも快適でした。残念ながら利用はできませんでしたが、クラランスのエステを受けられるサービスも提供されています!

AF1AF2

と、ここまでは旅行中に「ありがとう!」だったゴールドメダリオンの特典を紹介してきましたが、まだまだそれだけではありません。そもそもFlying Blueをやめようと思ったのは、20か月間エールフランスに乗る機会がなくそれまで貯めていたマイルが消失する、という事態に直面したから。切り替え先に選んだアメックスのデルタスカイマイルのゴールドカードは、カードで買い物すればマイル付与&有効期限延長は当然のこと、マイルのたまり方がとても魅力的なのです!

どのくらい昨年の旅行で恩恵を受けたかというと…

成田 → パリ (航空券種類/T) : ベースマイル 6,049 +ゴールドメダリオンボーナスマイル 6,049

パリ → ニース(航空券種類/N) : ベースマイル 500 + ゴールドメダリオンボーナスマイル 500

ニース → リール(航空券種類/H): ベースマイル 515 + ゴールドメダリオンボーナスマイル 515

パリ → 成田 (航空券種類/T) : ベースマイル 6,049 +ゴールドメダリオンボーナスマイル 6,049

と、一回の旅行で26,226マイルも獲得できたんです!

これがどのくらい「おお!!!!!」と感動的かというと…

それまで持っていたFlying Blueのアイボリー会員の場合と比較すると一目瞭然。

パリ→ニース間とニース→リール間はちょっと不確かなので省略させていただきますが、成田⇔パリの往復が航空券種類/Tだと加算率が25%になってしまうのです…よってデルタ方式だと24,196マイル獲得できていた区間が3,000ちょっとのマイレージに…

と、ここで「でも、エールフランスのマイルを貯めたほうがフランスへの特典旅行のマイル数、少なくて済むんじゃない?」とお思いの方へ。

デルタで特典旅行を申し込む場合、フランスまでだとセーバー特典で片道45,000マイル、ビジネスで70,000マイル(2015年1月1日まで。それ以降は変更になる可能性もあります)となりますが、エールフランスの場合少なくても片道40,000マイルから。ビジネスだと100,000マイルとなります。ので、このマイレージの加算率の効率の良さを思えば5,000マイルの差なんてなんでもないですよね。(しかもビジネスだとデルタのほうが少ないマイレージで行けるし!)

確かに、アメックスのスカイマイルのゴールドカードは年間費26,000円+消費税と、無料発行のFlying Blueアイボリーとこう単純比較するのはちょっと、なのかもしれませんが、それまで使っていたアメックスのカードから切り替えたこと+効率よくフランスへの特典旅行に近づけることで、納得しています。(ちなみに、入会ボーナスマイルや年間のクレジットカードの利用額によってさらにボーナスマイルがもらえます)

年に1回程度の渡仏だけれども、効率よくマイルを貯めたい方には(特にフランス行き以外でスカイチームの飛行機に乗る方には!)とってもお勧めです♪












このページのトップへ

フランスへ行くなら ~エアライン~

ここ数年、ほぼ毎年フランスを訪れていますが、いつもエールフランスを利用しています。(5年ほど前に、同じ時期にシンガポールにも用事があったので、シンガポールエアラインで、シンガポール経由パリ行き、帰りにシンガポールでストップオーバーして、成田に帰ってきたことがあります。機材やサービスは素晴らしいのですが、やはり時間的に…ですね。)

残念なことに、荷物運がない私。乗り継ぎが多いとロストバゲージになることが多々あり、なるべく直行便を選んでいきます。(片手では足りないくらい経験しています…後日出てきますが…)

そんなわけで、「フランスに行く」なら直行便!!機内からフランス気分に浸れるエールフランスがお気に入りです。直行便なので、東京からパリ、シャルルドゴール空港へは12時間20分ほど。はい、直行便でこれだけ時間がかかります。経由便は…言わずもがな、ですよね。

というわけで、定期的にエールフランスを利用しているので、エールフランスのマイレージサービス「Flying Blue」にも入っていましたが…

結論から言うと、「Flying Blue」でマイルを貯めるのはやめました。理由は、

1)前回の出産で20ケ月間エールフランスに乗れない時期があってマイルの有効期限が切れてしまった
(でも、切れる直前にマイルを使ってエールフランスショッピングでフランス国内に住む友人に出産祝いを送りました。このエールフランスショッピング、日本は配達可能地域に入っていないものも多いです)

2)エールフランスのホームページから毎回航空券を購入していましたが、それでもチケットの種類によっては付与されるマイルが少なくなるから。

今は、エールフランスと同じスカイチームのデルタ航空のマイレージで貯めることにしています。

さて、エールフランスのリピーターになり、旅行会社経由でチケットを購入するより、エールフランスのホームページで直接予約をしたほうが、余計な手数料がかからず安い!ということを経験から学びました。が、「同感!」と言っていただける方も多いでしょう、エールフランスの予約サイト、ちょっと反応悪いです。(というか、ホームページ全体が重すぎるのか少々ストレス感じます)

というわけで、最近はサクサク反応の良いKLMオランダ航空
から予約を入れるようになりました。何度か確認しましたが、共同経営している会社なので、同じ値段を表示します。(注:同じタイミングで検索する、という条件のもとで) これを発見してから、エールフランスのホームページ上のようなフランスっぽい写真などはありませんが、サクサク進めるので、ある種のストレスはなくなりました。というわけで、次回フランス旅行時、ぜひ一度KLMオランダ航空のサイトからフランス行きの便、予約してみてください!











このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。