いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

ピカルディー地方:アミアンをゆく~3日目・午後~

友人家族とのんびりランチを楽しんだ後は、第一次世界大戦の史跡を巡る旅、再開です!

まず向かったのは…

アミアン3日目8

La Boisselleという巨大クレーター。

フランス軍の援護に派遣されたイギリス軍がドイツ軍の前線まで地中にトンネルを掘り爆破してできたクレーターです。
こういった地下から爆破してできたクレーターのほかにも、砲弾が着弾してできた凹凸が無数広がっていました。
このクレーターとその周りの土地はRichard Dunningさんというイギリス人の個人の私有地。
毎年7月1日、朝7時30分からソンムの戦いを忘れないための式典が行われているそうです。

次に向かったのは…

アミアン3日目11

Thiepvalという村。この村にはThe Franco-British Memorialと呼ばれるモニュメントとミュージアムがありました。
ソンムの戦いで命を落としたり負傷した42万ものイギリス軍兵士のための施設です。
モニュメントには7万2千を超える行方不明のイギリス人兵士の名前が刻まれていました。
麦畑が永遠と続く牧歌的な平和な風景からは想像もつかない出来事が100年前のこの地で起きていたのですね…

さて、車に酔いやすい息子ちゃん。「これが最後だから」と向かった先は…

アミアン3日目13アミアン3日目12アミアン3日目14

Beaumont-Hamelという、現在はカナダ政府によって管理されている史跡です。
ここでは塹壕が、きれいに舗道となったものから、時間を重ね埋もれかかっているもの、畑となってしまいその上に線を引くことで当時の塹壕跡を示したものと、いろんな形でソンムの戦いの前線を体感できるようになっていました。

アミアン3日目10アミアン3日目9

無邪気に遊び、言葉は通じなくても自然と手をつなぐ子どもたちを見て、世界中の子供たちが安心して暮らせる世界が一日も早く来ることを願ってやみませんでした。

ところで、昨年あたりからフランスでもかつての戦地を訪ねる追悼観光がブームとなっているそうです。2014年はノルマンディー上陸作戦から70年、第一次世界大戦勃発から100年、という年だったからとのこと。今度フランスを訪れる際には、一足違った旅はいかがでしょうか?

さて、今日のフランス語は…

*史跡めぐりの移動中は車で友達(奥さん)と一緒だったので、頑張ってフランス語を!でも、込み入った話はやはり英語になってしまいました。

*息子ちゃんが、お友達の言葉をオウム返しで真似するように!日本に帰ってきてからも「これフランスで何?」と物を指してはフランス語でなんというのか聞いてくるので、彼に追い越されぬよう頑張りたいです…

旅行までの数か月、忙しくてアンサンブルのオンラインレッスンもままならない状態でしたが、ビデオ講座でフランス語学習環境を維持したおかげか、それほど”フランス語が出てこない!!”というストレスを感じることなく旅行をすることができました。でも、振り返ってみても、現地に赴いても「しゃべろう!」と意識しないとそれで済んでしまうもの…次の旅行時はもっと積極的に、そして友人とのちょっと込み入った話も「フランス語で」できるようこれからも学習を継続していきたいです。


最後になりましたが、先日、ブログを見てアンサンブルに入会してくださったT様、ありがとうございます♪
お互いの目標に向かって勉強、楽しみながら頑張っていきましょうね!!

スポンサーサイト




このページのトップへ

ピカルディー地方:アミアンをゆく~3日目・午前~

3泊6日の弾丸フランス旅行。3日目はアミアンに住む友達家族と合流の日、です。でも、せっかく早起きしたので3日目、実質最終日にして初めてアミアンの市内観光をすることにしました。

まず向かったのは、アミアンといえば、のノートルダム大聖堂。

アミアン3日目1

朝7時過ぎ、警備のお兄さん1名を除き誰もいません。この世界遺産をゆっくり堪能したかったのですが…

アミアン3日目2アミアン3日目3

こういった建造物に慣れていない息子ちゃん。彫刻が「怖い」らしく帰ろう帰ろうの大合唱。根負けして大聖堂はパチリと写真を撮っただけで終わりとなりました。

ノートルダム大聖堂の近くに市場が、そして滞在していたホテルのすぐ近くにも土曜日限定でマルシェが出ていたのですが…

朝の7時台はまだ準備の時間のようです。

マルシェ=朝市だ勝手に思い込んでいたのですが、市ではあっても朝はつかなそうです。(それとも「朝」の定義が違うのでしょうか…)

アミアン3日目4

運河沿いを散策し…

アミアン3日目15アミアン3日目16アミアン3日目18アミアン3日目17
(2枚目のたたずむ男性の恋人が3枚目の左端、壁に埋め込まれている女性です。ちなみに、女性の旦那さんの像も運河を挟んだ建物の壁にあったのですが壁の人形型に残った日焼けがその痕跡をとどめているのみ、でした)


公園を通り抜けホテルへ。朝食を食べ支度をし、いよいよこの旅のメイン、友達家族との合流です!

さて、2年ぶりの友達家族との再会。旦那さんにとっては「初めまして」の友達家族です。

車2台に分かれ向かった先は…

アミアン3日目19

Albertという街。この日は旦那さんのリクエストで、第一次世界大戦の激戦地の一つ、ソンムの戦いの史跡を巡ります。

写真の The Basilica Notre Dame de Brebieresも破壊されたものののちに再建されました。この教会の地下にThe Somme 1916 Museumがあり、映像やマネキンたちで当時の様子をリアルに再現しています。>>ホームページはこちら 

当時掘られたトンネルを使ったミュージアムなので入り口と出口は別のところ。最後は銃撃戦の中を塹壕を通って抜けなくてはならず、暗さやその音で大人でもちょっとひるみました… 息子ちゃんは最初から眠っていたからよかったけど、起きていたらマネキンに始まり最後の銃撃戦までずっと恐れおののいて泣き続けていたことと思います…

と、地上に出て、平和のありがたみをかみしめたところでお昼に。

アミアン3日目5アミアン3日目7

ゆっくり時間をかけてのフランス式ランチ。子どもたちも打ち解けてきました。


さて、一休みした後は…



イギリスとカナダへのプチ旅行です!さあ、車に乗って出発~!!














このページのトップへ

ピカルディー地方:アミアンをゆく~2日目~

3泊6日のフランス弾丸旅行。一日目は時差調整のお昼寝だけで終わりましたが、その甲斐あってか2日目は早起き。軽く朝食もとり7時13分発の電車に乗ることができました。

向かった先はとっておきFRANCE INFOSでも紹介されていたソンム湾鉄道。>>とっておきFRANCE INFOSの記事はこちらから
Noyelles-sur-Merで待ち時間が3時間ほどあるので、ここでゆっくり朝食を取るつもりでいたのですが…



駅前、何もありません…



街を探しに少し歩いてみましたが早々に断念。「バカンスなんだから急がない。のんびりしよう」と切り替えのんびりと平穏な時間を過ごしました。

電車の到着時間が近づいてくると徐々に人も増えてきました。

アミアン2日目1

犬を見かけると「あ!わんちゃんだ!」と、タッタッタと駆け寄っていく息子ちゃん。いつもは駆け寄るものの、犬に免疫がないため触ることはできないのですが、「あ、触っている!!」

息子ちゃんの勇気のおかげで(?)私もお母さんやお兄ちゃんとお話しすることができました。

アミアン2日目2

こちらのご家族が向かったのはCayeux-sur-Merという海辺の街。私たちが向かったのは反対方向のLe Crotoyというソンム湾に面した街です。

アミアン2日目3

ソンム湾は満潮時と干潮時の潮位の差が激しく、私たちが滞在している間にもどんどん満ちてきた、と思ったらそれ以上のスピードで潮が引いていったりと湾を眺めているだけでも楽しかったです。

息子ちゃんは…

アミアン2日目10

大好きな砂遊びを思う存分楽しんでいました。彼曰く、砂がとても気持ちが良かったそうです。

と、ここで緊急事態発生!

旦那さんが頭が痛いよ…と弱っています。駅からここまで湾に沿って歩いてきたけど、途中で薬局は見かけませんでした… 旦那さんのために薬局を探し出し頭痛薬を買う、ミッション開始です!

砂浜を抜けると、セキュリティーチームの事務所が。薬局の場所を訪ね、その通りに進みますが…



この時間は昼休みで閉まっている、とまでは情報をくれませんでした。



14時になれば開くけど、まだ45分ほどあります。それまで戻らなかったら心配するだろうしな、と思い一度家族のもとへ。薬局が再開する時間になり、再び足を運びます。

今回の旅に電子辞書は持っていきましたが、この日は海辺に行くということもあり持ってきていませんでした。ちゃん症状が伝えられてお薬買ってこれるかな、と心配だったのですが…

4月から急に忙しくなりアンサンブル アン フランセでのフランス語学習もままならなくなってきて始めたフランス語ビデオ講座の成果が発揮されました。ここで旅行会話と文法を時間のできた時に学んでいたのですが、この旅行会話シリーズの最後の最後で薬局での会話が出てきていたんです。はっきりとすべてを暗記していたわけではないし、薬剤師さんの質問も会話例文通りではないのですが、それでも頭の片隅に記憶されていたのか症状の伝え方、薬剤師さんの言う薬の飲み方(一回何錠、何時間おきに、一日何回まで)はちゃんと理解できて無事に薬を買うことができました。

アミアン2日目11

バファリンでも「大きくて飲みにくい」とこぼす旦那さん。この薬はかなりつらかったみたいです。

アミアン2日目4

Le Crotoyでも積極的にワンちゃんに近寄っていく息子ちゃん。どの方も立ち止まって相手をしてくださいました。

アミアン2日目6

息子ちゃんの中で蒸気機関車はすべて「トーマス」。モクモクと煙を上げるその姿を喜んでくれて、来てよかった、と心から思いました。

ちなみに、TERが止まるNoyelles-sur-Merの駅前には感じの良いカフェがありますが、

アミアン2日目8アミアン2日目9

平日お店が開くのは午後2時から。帰りはここで一息ついてからアミアンへの岐路につきました。

アミアン2日目7
テラス席からだと電車の様子もしっかり見れます!

さて、今日のフランス語は…

*TERの中で、隣の席の人たちにNoyellesとNoyelles-sur-Merは同じ駅かどうか聞いた。

*Noyellesの駅で、駅員さんに両替をお願いしがてら、ここで3時間待っている理由を話す

*電車待ちの時に、犬を連れたご家族と世間話。

*セキュリティーのお兄さんに薬局の場所を聞く。

*薬局での薬購入

改めて、意識しないとフランに旅行に行っていてもしゃべる機会ってないんだな、と実感。せっかく「フランスにいる」という機会を有効に使いたい。そう強く思った一日でした。













このページのトップへ

ピカルディー地方:アミアンをゆく~1日目~

先日、3泊6日(ホテル3泊機内2泊)という強行スケジュールで家族でフランスに行ってきました。今回は初めて「パリ」に立ち寄らないフランス旅です。

さて、シャルル・ド・ゴール空港からTGVで直接向かったのはパリの北部、ピカルディー地方にあるアミアンという都市です。今年のLe Tour de Franceツール・ド・フランスの第5ステージのゴールとなった街でもあります。

アミアン3
ツール・ド・フランスの名残


どんな街かといいますと…  

09-10年版の地球の歩き方で見開き3/4ページで紹介が終わってしまう街です…(世界遺産のノートルダム大聖堂の説明だけ) 図書館でちら見したもっと新しい歩き方では半ページにまで減らされていました… だからと言って見どころがないわけではありません!フランス語を勉強しているアンサンブル アン フランセのコラムでは4回に渡り取り上げられたことのある魅力ある地方都市です。>> 詳しくはこちらへとっておきFRANCE INFOSアミアン~その1~

このアミアンを訪れたのは、そこに住む友人夫妻のもとに4月に赤ちゃんが生まれたから。我が家にやってきた妹ちゃんの紹介も兼ね、家族全員で訪問です!

友達家族と合流するのは3日目。土曜日で旦那さんのお仕事がお休みの日にしました。1、2日目は我が家だけで過ごすのですが小さい子供のいる旅行。日程には余裕を持ったつもりでしたが… 

まさか、一日目が時差調整の昼寝だけで終わってしまうとは!!

息子ちゃんは「飛行機飛行機~♪」と興奮して空の旅後半はずっと起きていたのがこたえたのか、パパさんは水曜日まで通常に働いて会社から直接羽田に向かいそのまま機上の人となったのがいけなかったのか、妹ちゃんはまだ赤ちゃんだからいつまででも寝れるからか、午前11時にアーリーチェックインを済ませ、近所のスーパーに買い出しに行き、そのまま翌朝まで寝ていました…

私もみんなとお昼寝をしてしまい、気が付くと夜8時。このままだと明日朝7時の電車には乗れぬまい、と思い、電車の変更をしようとメモを残し一人駅へ。外は明るいけど、夜8時過ぎ。駅の窓口は締まっていました。インフォメーションで明日は何時から空いているのか確認しホテルへ。

アミアン1アミアン2
アミアンの駅



まだ寝ている…

この季節はアミアンの大聖堂では夜、創建当時の色彩を再現した光のショーが行われています。7月の開催時間は夜10時30分から。寝ている旦那さんの耳元で、一人でちょっと行ってくるね、と声をかけお出かけ。

とても素晴らしかったです。

何百という正面を飾る彫刻の、本当に細かいところまで一つ一つに一寸の狂いもなく陰影や模様のついた、単調ではない光が見事に当てられ圧巻でした。これは是非家族に見せたい!カメラ持ってくるの忘れたし、あと2日のうち一度はみんなと来たい!と心に誓ったのでした。

ホテルに戻ると…

みなさん引き続き爆睡中。1日目はこうして終わりました。

ところで、フランスに来ても、意識しないとフランス語をしゃべる機会はなかなかないもの。
1日目フランス語を使ったのは…

*ホテルのチェックイン:アーリーチェックインをお願いしていたが、ちゃんと伝わっていなかったらしくそれまでのやり取りを説明して無事に確認が取れチェックインできました!途中で英語に切り替えられることなく最後までフランス語でやり取りできたのは本当にうれしかったです!

*スーパーにて:量り売りの果物の買い方を、そばにいた人に聞きました。

*駅のインフォメーションにて:窓口の営業時間の確認のため。窓口の扉にちゃんと営業時間が書いてあったけど、フランス語を使ってみたくてわざわざインフォメーションでも聞いてみました。

*夜、ノートルダムからの帰り道:すれ違ったカップルにノートルダムの場所を聞かれ「この道をまっすぐ、5分くらいだよ」と教えてあげれました!

と、多くのフランス語学習者から見れば「こんなことで…」と思われるかもしれませんが、やはり通じると嬉しいもの!すやすやと川の字になって寝ている家族をよそに、一人小さくガッツポーズをするのでした。







このページのトップへ

久しぶりのエールフランス♪

4月からの慌しい日々も一段落し、8月からの仕事復帰を前に3泊6日という弾丸スケジュールで家族旅行でフランスに行ってきました。息子と妹ちゃんがいるので、一人で二人の面倒は見れません…というわけで、日本のサラリーマンである旦那さんも一緒。それでこんな日程となりました。

ところで、デルタのスカイマイルでエールフランスのマイレージを貯めていますが、今回が加算率が変わってからの初フライト。(過去ブログ

今回のフライトは

羽田 > CDG チケットクラス T
CDG > 成田 チケットクラス L

で、エールフランスを利用した場合のマイル加算ではそれぞれ50%。これにメダリオンボーナスマイルが加わり(ゴールドだと60%)、今回の旅行では9677マイル獲得となりました。昨年までなら同じフライトで24000マイルほどたまっていた計算なので、大幅ダウンですがこれでもFlying BlueのIvoryやSilverよりは加算されている、と納得するようにしました。 

そして今回も大変お世話になったのがSky Priorityの特典。帰りのCDG空港はバカンスに出かける人や観光客でごった返していました。そんな中Sky Priorityで優先通路に行けたり(しかも小さい子供連れだったこともありさらに優先していただきました。ありがとうございます)、荷物にも黄色い優先タグをつけつけてくれたので成田でもすぐに出てきました。今回も残念ながらエールフランスラウンジのクラランスエステは利用できませんでしたが、これらの優先だけでも子連れ旅行の身には大助かりです。

ところで、デルタのゴールドメダリオンを取得してフランスに渡ったのは2回だけですが、日ごろのお買い物の成果か気が付くと特典旅行でフランスへ行けるだけのマイルがたまっていました。息子ちゃんと妹ちゃんがもう少し大きくなれば旦那さんがいなくてもゆっくりフランス旅行できるはず。その日に向けて3人分のマイルをせっせとためていきたいです。









このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。