FC2ブログ

いつかパリにアパルトマンを

パリにアパルトマンを所有する!と密かに決心した私の長期計画と、ちょっと無謀な為の現実逃避など、日本に住むフランス好きのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このページのトップへ

「勝手にしやがれ」【行ってきました】

フィガロジャポンPresents「勝手にしやがれ」上映会に行ってきました。

Bunkamura ル・シネマのロビーではこれまでル・シネマで上映され、フィガロジャポンでも出演者のインタビューが取り上げられたものの特集や、フィガロジャポン4月号で紹介されていたフランス映画特集のパネルが展示してありました。

フィガロ2フィガロ1

これは産休中にフランス映画三昧するぞ!と、意気込んでいる私には参考になるものでした♫

さて、ゴダール監督の「勝手にしやがれ」。
1950年の作品だから、今から64年前!! でも、古さをまったく感じさせない、今の時代に見てもオシャレだなと思える作品でした。上映前の村上香住子さんと山内マリコさんのトークショーの中で、この作品はジーン・セバーグが主演した「悲しみよこんにちは」の続編とも捉えられる作品、と話されていたので、今すごくその映画が気になっています!(日本語訳ですが小説は読んだことあります)

そうそう、今回のイベントでフィガロジャポンさんからノベルティーグッズをいただきました!

フィガロ4フィガロ3

クシュクシュ感がかわいい、洗面用具などを入れるのにぴったりな旅行用ポーチ。ちゃんとフックも付いているから引っ掛けやすいし、リボンの上に小さく黄色で bon voyage! と書いてあるのもポイント。何よりこのクシュクシュしているおかげで畳んだ時の厚みがまったくないのが気に入りました。次の旅行時(出産の為の入院かも…)に持って行きたいです♫ フィガロジャポンさん、素敵な上映会をありがとうございました!



勝手にしやがれ [DVD]勝手にしやがれ [DVD]
(2012/04/13)
ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ 他

商品詳細を見る
1950年の作品ですが、ジーン・セバーグのエイジレスなオシャレは今見ても新鮮です!ロケ主体の映画で、セットで撮られることが当たり前だった当時としては斬新だったそう。映画の歴史の一幕を飾った一作です。




悲しみよこんにちは [DVD]悲しみよこんにちは [DVD]
(2011/02/23)
ジーン・セバーグ、デボラ・カー 他

商品詳細を見る
まだ見ていませんが、ジーン・セバーグ主演の「勝手にしやがれ」はこの「悲しみよこんにちは」の続編的存在と聞き、是非見たい!と思っている作品です。

スポンサーサイト




このページのトップへ

『フィガロジャポン』Presents スペシャル上映イベント【当選】

告白します。『フィガロジャポン』の上映イベントの応募が先週締め切られてから、何度も何度のネットを立ち上げてはメールをチェックしていました。上映イベントは7月25日。抽選、ダメだったのかな。残念。と、自己処理し、3連休をを自然の中で過ごし、家に戻ってくると…

勝手にしやがれ

郵送で、当選通知が届いていました!ジャン=リュック・ゴダール監督作品の「勝手にしやがれ」。今度の産休期間中こそ、フランス映画を見まくろう!と思っている私には、まさにうってつけの第一作目となる予感。今週金曜日が楽しみです♫


勝手にしやがれ [DVD]勝手にしやがれ [DVD]
(2012/04/13)
ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ 他

商品詳細を見る








このページのトップへ

ステラ・マッカートニー✖️滝川クリステルの特別講演会【行ってきました!】

青山学院講堂で行われた、ステラ・マッカートニーさんと滝川クリステルさんの講演会に行ってきました。

“女性の生き方”“社会とのつながり”がテーマのトークショーでしたが、二人の共通の関心ごと、動物保護や社会貢献を軸に講演は進んでいきました。

特に強く印象に残ったのは、ステラさんはファッション業界で新しいビジネスモデルを確立し、成功させたデザイナーであり、ビジネスウーマンだ、ということ。まず自分はデザイナーである。ゆえに、人々が欲しいと思う物を作っていく。でも、その素材は従来と違う物だし、製作手法も異なる。(動物のリアルファーは使わない・フェアトレード・リサイクルされた物を使う・一枚の布を余すとこなく使い切るゼロ・ウェイストを実践・水を使わないインクジェットを使用などなど…) エコフレンドリーだけど魅力に欠ける物ではなく、エコを前面に押し出すことなくデザインで人々の“欲しい!”を刺激して、売り上げにつなげることで社会貢献もしていく。すごいな、と思いました。彼女が繰り返していた、身の回りにある物を、取り巻く環境を今までとは違う捉え方、見方をするように意識してみる。そしてjust try it! Something is better than nothing. 難しく考えすぎず、まずは行動するようにしたいです。

滝川クリステルさんも「動かなきゃ始まらない」と、クリステル・ヴィ・アンサンブルを立ち上げるまでに至った経緯と、なぜ今なのかを話してくれました。人間だけが地球上で幸せに暮らす権利を持っているのだろうか?声なきものの声を、これまでも機会を見てはテレビなどで届けていたそうですが、限界を感じていたそう。オリンピック招致で子供からお年寄りにまで広く知れ渡った「今でしょ!」のタイミングで財団を設立したそうです。自分が行動して、それに共感してくれる人がいる。自分の心に素直な人だな、と改めて思いました。講演後もロビーで自ら募金を呼びかけるなど、まさに行動することの大切さを語っていました。

昨年、滝川さんの動物保護関係の講演を聞く機会があり、その後以前から気になっていたWWFと、もう一つ関心のあったWFPに毎月募金をするようになりました。まずは知ること、そして行動すること。今日は素敵な女性二人から、前向きになれるパワーをたくさんもらいました。

ステラ✖️滝川クリステル お土産


恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方
(2011/04/15)
滝川 クリステル

商品詳細を見る
フランス的生き方を滝川クリステルさんの経験や8人のパリジェンヌとの対談を通して紹介されています。日本社会がすぐに変わるとは思えないけど、意識を持つ、という自分革命のヒントになると思います。誰のものでもない自分の人生。楽しく充実したものになるようオーガナイズして行きたいです♫ 滝川さんのエレガンスさの秘密がちょっと覗けた気がしました。





このページのトップへ

パリ祭2014@アンスティチュ・フランセ東京

今日が7月14日、パリ祭当日ですが、12日土曜日、一足早く飯田橋のアンスティチュフランセ東京でパリ祭を体験してきました!

(余談ですが、W杯、もしフランスが優勝していたらパリ祭と重なってとんでもない騒ぎになっていたでしょうね…)

さて、アンスティチュフランセ東京でのパリ祭。来年も行きます!と、もう決めているくらい雰囲気がとても気に入りました!

飲食ブースでは、ローラン・ペリエのシャンパンが並び、ガレットの名店ル・ブルターニュがあり、他にもクスクスやバゲットのサンドイッチに、パテ、生ハムにチーズなどまさにフランスらしいラインナップ!お昼ご飯をしっかり食べてきたことが悔やまれました… もちろん、赤、白、ロゼにサングリア、ソフトドリンクにエヴィアン、ペリエと言った「お水」も充実です。ワインとソフトドリンク類の値段があまり変わらないところもステキ!(旦那さん同伴だったため、アルコール類は飲めませんでしたが…)

音楽は、早い時間は子供達のダンスミュージックに、大人にとってはおしゃべりのバックミュージックとなっていました。そこにあって当たり前という、雰囲気にあった音楽でした。他にもたくさんの人がピクニックをしている芝生の上でのフランスらしい音楽と笑を兼ねたパフォーマンスも。息子も見たこともないいでたちに釘付けでした。
パリ祭

子供連れも多かったです。風船で動物を作ってくれたり、魚釣りコーナーやカップ遊びがあったり楽しそうでした。自然豊かな空間なので、飛び交う蝶々やトンボ、そして大好きなアリに息子は夢中でしたが…あちこちからフランス語や英語、そして日本語で楽しそうにおしゃべりする声がとても居心地の良い雰囲気を作り出していました。5時前に会場を離れましたが、来年はもっとゆっくり楽しみたいです!

忘備録

来年忘れずに持って行くもの。肌触りのいい敷物。薄過ぎると芝生が突き抜け、ビニール製だと音と素肌が当たるところが気になりそうだから。

フランスでのパリ祭を見たくなったら…


効率よくエールフランス・KLMオランダ航空のマイレージを貯めるヒントは>>こちらに!





このページのトップへ

ステラ・マッカートニー✖️滝川クリステル【当選連絡】

今日からブログを始めました。


パリにアパルトマンを所有したい!旅行とか、長期滞在ともちょっと違って、仕事をして普通に暮らしてみたい!

という密かな野望の心の支えとしてつけはじめようと思ったブログですが…
嬉しいメールを受け取ったので、しょっぱなから脱線します。

雑誌、SPURが募集していたステラ・マッカートニー✖️滝川クリステルの講演会に当選しました!
ステラ・マッカートニー✖️滝川クリステル 講演会


7月17日、青山大学での講演会です。“女性の生き方”“社会とのつながり”がテーマだそう。

お二人とも社会貢献活動に力を入れて、なおかつ女性としてもとても魅力的な方達なので、どんなお話を聞けるのか、今からとても楽しみです。





このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。